Sunrefre Blog

サンリフレのスタッフによる汗と涙の日々を綴ります。

2009年03月26日(Thu)

水が溢れているけど・・大丈夫?? [ちょっとためになるお話!]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

A「うわぁ〜、水が溢れているけど・・
  大丈夫かなぁ・・??」

B『大丈夫です・・』

A「いったい、何してるの〜??」


B『給水設備の工事のために、わざと、高置水槽の水を流し、
  水槽をカラッポにしているのです!』

A「なんで、そんなことするの??」

B『実は、このマンションは築40年を超えており、
  健康を守るため、塩素注入機の修理工事をしているのです。」

A「塩素注入機・・??」

B『はい、そうです。
  塩素注入機とは、人口的に水槽の中に塩素を注入する装置です。』

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

塩素注入機

A「だから、なんで、そんなことするの??」

B『いい質問です!!
  我が国、日本では、水道水の消毒は、
  水道法に基づく水道法施行規則により、
  給水栓(すなわち蛇口!)における
  水の遊離残留塩素濃度を0.1mg/L以上に
  保持しなければならないと定められています。
  しかし、このマンションでは、築40年を超え、空き家が増え、
  マンション全体としての水の使用量が減っています。
  もともと、水道局から送水さる水は、0.4mg/L程度の塩素濃度なのですが、
  水の使用量が減ったため、水槽内での滞留時間が増え、
  その間に、塩素が飛んでしまい、結果的に、
  蛇口から出る水の塩素濃度が0.1mg/L以下となってしまっているのです・・』

A「それで、塩素注入機を設置しているって訳??」

B『はい、その通りです!
  このマンションの高置水槽に、意図的に、ほんの少しずつ、塩素をたらし、
  水道水を正常な状態に保つのです!』

A「だ・か・ら・!! なんで、高置水槽をカラッポにする必要があるのって聞いてるでしょ?
  水がもったいないじゃない!??」

B『そうでした、そうでした・・・(ゴメンナサイ)
  これは安全のために、水を抜いたのです!!
  工事中は、揚水ポンプを停止させ作業を実施します。
  作業完了後、ポンプを稼動させるのですが、
  給水設備が古いため、ポンプのスイッチを入れた瞬間、
  給水管に付着したサビが、ドッと流れ出す危険性があるのです。
  よって、カラッポになった高置水槽で、まず、そのサビを受け、
  赤水が各戸に行かないように、事前に、サビを取り除いてから、
  給水を再開するという訳です。』

A「やっと判りました。今後も、しっかり、このマンションを守って下さいネ!」

B『了解です!!』


Posted by WA at 16時16分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://www.sunrefre.com/weblog/tb.php?ID=108

ページのトップへ ページのトップへ

3

2009


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ケータイQRコード

QR

広告

人気ブログランキングへ
ブログ王

PHOTO

エアコンのお手入れお願いしますね…

エアコンのお手入れお願いしますね…

引越しを終えて…

引越しを終えて…

熱すぎる朝礼に参加してきました!!

熱すぎる朝礼に参加してきました!!

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Sunrefre All rights reserved.
omo